細めのハイライトで外国人風グラデーションカラーがお洒落★

こんばんは!

DIFINO akasakaスタイリストの富田です★

皆さん、普段美容室へ行ってカットやカラー、パーマにトリートメントetc…をすると思いますが。

大体の方は、2〜3ヶ月に一回美容室へ行きカットとカラーをする方がほとんどかと思います。

 

2ヶ月に一回美容室へ行くとすると…

 

単純計算で、年間6回の美容室。

 

髪の毛に変化をつけるタイミングが年に6回しかない!と、なると。

 

6回とも同じワンメイクカラーだけでは、もったいない気がします。

 

…私は、飽き性 &人 と同じ感じではなく、他の人とはあまりかぶらないように何か変化をつけたくなってしまう性格だからなのもありますが。笑

だからこそ!

最近暖かくなって、本格的に季節の変化を感じるこの時期に。

 

春夏にオススメヘアカラーをご提案させて頂きます★

そのカラーとは…

【 “キョッシュ” × “ダメージレスカラー”】

 

 

そもそもキョッシュとは…?

 

外国人さんの様な、根元から毛先にかけて自然に広がるグラデーションカラー!

ハイライトによる縦のラインで作られるグラデーション。

根元の方は、ナチュラルに、派手になり過ぎない様な細めのハイライトで。

中間〜毛先は、そのハイライトがナチュラルにに太く広がっていく様なハイライトの入れ方をする事で自然なグラデーションになります。

 

普通のハイライトの入れ方をすると、梳いたりしてる分、根元と毛先の毛量がどうしても違っている分

根元の毛量 多い > 毛先の毛量 少ない

毛先の方にかけて、細くなるハイライトが入ってしまうのです綺麗なグラデーションにはなりません…。

だからと言って、毛先を重視して太めのハイライトを入れると、根元に現れるハイライトの加減がナチュラルではなく、奇抜で派手な印象になりがちです…。

そうならない様なハイライトのカラー技法を、DIFINO akasaka 店長 【中山 響平(きょうへいさん)】が考案しました!

DIFINOでは、そのハイライトを【キョッシュ】と呼んでいます★笑

そのキョッシュを入れた後、全体のカラーはダメージレスカラーで染めると。

 

 

※ここで補足。

ダメージレスカラーの特徴として…
・ダメージが出にくいカラー剤
・艶感、透明感が出るカラー剤 etc。

よって、外国人風な雰囲気がより強調されます!

 

 

個人的には、今年は細かめのハイライトを沢山入れてナチュラルな雰囲気で。立体感や、空気感を強調させるのがおススメです★

 

お客様には、毎回何かの変化(カットやカラー等の見た目だけの印象だけではなく、トリートメント効果の実感も含めて。)を感じて、喜んでもらいたい!と、思っています。

髪の毛の印象って、最初の印象の7割を占める。とも言われてますからね!

美容室選び、美容室でのメンテナンスって本当に重要!ですよね。

だからこそ、私達美容師はそれをプレッシャーに感じながら。来て頂けるお客様に感謝の気持ちを忘れずに、お客様の髪の毛に対して真剣に向き合って施術させて頂くことが重要だと思います。

お客様1人ひとりに満足して帰って頂ける為にも、何かお悩みやご希望などございましたら、お気軽にご相談ください★

 

 

富田里穂
insta→→→riho_tomita