冬に行うべき髪のケア

・冬の乾燥は何が違うの?冬に行うべき髪のケアについて

 

気温・温度の低下、乾燥した空気。強い風。

 

冬が髪に与えるダメージは思っている以上に多く存在します。

ですが、髪の傷みに意外と気づいてない人も多くいらっしゃるのではないのでしょうか?

髪に起こりやすい髪の乾燥の原因を説明します。

 

・冬の乾燥って?

クリスマスが終われば、もうすぐお正月。つまり1月ですね。

実は、1月から2月にかけての時期は、1年の中で最も乾燥する季節だということをご存知ですか?

すごく乾燥した外気に触れてしまう上に、暖房器具による乾燥も・・・。

冬は湿度も非常に低くなります。

また、空気が乾燥すると、髪の水分量も低下してしまうので、パサつきやすくなってしまうんです。

髪の乾燥だけではなく、顔の乾燥も気になる方も多くいらっしゃることだと思います。

髪だけでなくもちろん体の皮膚も乾燥します。

水分は、どんどん奪われていってしまいます。

 

髪が水分不足で乾燥状態だと、髪は様々な問題が出てきます。

例えば、髪がプツンと切れて枝毛が増えてしまったり、折れてしまったり。

 

乾燥している髪は、見た目にも潤いがなく、パサパサしていますし、あまりいい印象だとは言えません。

 

・冷えも関係してるって本当?

冬に特に気をつけていただきたい、「冷え」です。

髪が乾燥しているのは、地肌の乾燥も大きく関係しています。

地肌が冷えることや、乾燥してしまうことで、血行のめぐりを悪くしてしまいます。

それが原因で、髪に必要な栄養が十分に行き渡らなくなってしまうのです。

 

そこで、お風呂でできる簡単デイリーケアを紹介します。

「冷え」について先述したように、冬は、地肌だけではなく、身体の冷えも強く感じますよね。

「お風呂に長く浸かっていたい。。。」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな方におススメしたいのが、「蒸しタオルケア」です。

蒸しタオルケアは、剥がれたキューティクルのケアにおススメです。

 

まずシャンプー後、軽タオルドライした髪に、トリートメントをつけます。

地肌につけないように気をつけながら髪全体に満遍なくつけてください。

傷みが特に気になる部分には、念入りに。その上で、蒸しタオルを頭に巻いてください。

 

寒いのでお風呂につかりながら、5~6分くらい置いたあと流して終了です。

 

キューティクルをしっかりケアすることで、キューティクルが開き、剥がれてしまうという悲しい状況に陥らないようにしましょう。

そうすることで、内部の水分・栄養をしっかりと髪にキープしてくださいね。

 

髪が傷んでいても、痛みを感じないため、気づきにくいのも事実。

そんな髪だからこそ、しっかりと自分の髪について知ることから始めましょう。

しっかりと自分の髪質について知っているだけで、髪の変化に気づけるようになります。

ご自分の髪質については、担当の美容師さんに教えてもらうのもイイですね。

ぜひ、髪と向き合う時間を毎日少しずつ持ってみてください。

 

 

DIFINO赤坂 MATSU