頭皮にもカビ

・頭皮にカビって

ジメジメと湿ったところに生えるカビは、汚い感じがして、触りたくないものの1つですよね。

でも、そのカビの仲間が、頭皮のも生えてるって知っていましたか?

カビが生えてるなんて、なんだか、気持ち悪くて嫌ですよね。

しかし、本当に頭皮にカビなんて生えているのでしょうか?

 

・誰の頭皮にもカビはいます

誰の頭皮にもカビは存在します。

具体的に言うと、代表的なのはマラセチア菌というカビの一種です。

このマラセチア菌は頭皮常在菌とも呼ばれ、誰の頭皮にも一定量存在しています。

カビというと不潔なイメージがあるかもしれませんが、誰にでもあるものなので、通常であれば外がありません。

しかし、このマラセチア菌、異常繁殖してしまうと困った症状を引き起こすことも・・・。

 

・カビが頭皮に与える影響とは?

頭皮のカビ、マラセチア菌は、皮脂を養分とします。

そのため、頭皮で皮脂が過剰に分泌されると、カビも異常繁殖してしまうのです。

このカビが皮脂を分解し、排出する脂肪酸が皮脂に刺激を与え、頭皮環境の悪化を招くことも・・。

具体的には次のような症状が考えられます。

・フケやかゆみをともなう炎症

・におい

上記の悩みを抱えてる方は、マラセチア菌が原因かもしれません。

 

・カビの繁殖を防ぐ対策

繁殖すると、困った症状を引き起こすカビ、マラセチア菌。

マラセチア菌の増殖を防ぐには、栄養となる皮脂の増加を抑える必が必要あります。

方法としては、

・シャンプーを見直す

・自分に合ったシャンプーを選ぶ

の2点が考えられます。

 

・シャンプー方法を見直す

頭皮をきちん洗えていない、シャンプーをしっかり流していないなど、洗髪方法に問題があると、頭皮環境の悪化を引き起こす可能性があります。

その結果、頭皮にカビが繁殖してしまうことになるかもしれません。

・38℃くらいのお湯でしっかりと予洗いをする。

・シャンプーをしっかりと泡立てて洗う。

・指の腹を使って、頭部をマッサージするように洗う。

・シャンプー、汚れを残さず、しっかりとすすぐ。

洗髪習慣を守って、頭皮環境を整えましょう!

 

・自分に合ったシャンプーを選ぶ

シャンプーの方法と同じく、頭皮環境を整えるためには、自分に合ったシャンプーを使うことも重要です。

カビの養分になる皮脂は、頭皮を守るためのもので、すべて洗い流せばいいってものではありません。

洗い流しすぎて乾燥すると、頭皮を守るため、逆に皮脂が過剰分泌されることもあります。

かといって、しっかり洗わないとカビの一種であるマラセチア菌の繁殖につながることも・・・。

そのため、頭皮の特徴に合わせたシャンプーを選び、余分な皮脂を洗い流しつつ、

頭皮にしっかりうるおいをほたせることが大切です。

自分のタイプがわからない、という方は担当の

美容師さんに相談してください。

自分の判断では、間違うことがあるためです。

 

・頭皮のカビ、正しくケアしよう

通常であれば、無害の頭皮のカビ、マラセチア菌ですが、増殖すると炎症やニオイの原因つながります。

頭皮のカビが増殖しないよう、余分な皮脂を抑えて、普段から頭皮環境を整えておきたいですよね。

そのためには、正しいシャンプー方法で洗髪することと、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

 

 

DIFINO赤坂 MATSU