ブリーチを使用した、攻めた外国人風グラデーションカラー★

こんばんは!

 

DIFINO akasakaスタイリストの富田です★

 

私達日本人が憧れる外国人様な、透け感のあるカラーや、グラデーションカラー。

 

普通のカラー剤を使用したワンカラーだけでも、理想の髪色へ近づけますが。

 

外国人っぽさをより追求したい方には!

 

髪をブリーチしてからヘアカラーで染める「ダブルカラー」や、ブリーチを使用して入れたハイライトカラーは、発色が良いキレイな髪色に仕上がるのでおススメです。

○ダブルカラー○

 

○ブリーチを使用して入れたハイライトカラー○

 

【ブリーチとヘアカラーの違い】
「ブリーチ」とは、髪の毛の色素を抜くことです。脱色といえば分かりやすいかと思います。

一方で「ヘアカラー」では、カラー剤を使って髪の毛を染めていきます。簡単にいえば、ブリーチとヘアカラーの違いは、髪の色を抜くか、色を加えるかということになります。

 

 

【ダブルカラー】
「ダブルカラー」とは、2段階のカラーリングを行うこと。一般的には、ブリーチで脱色したあとにヘアカラーで染めることをダブルカラーと呼んでいます。トリプルカラーなら、2回ブリーチしたあとにヘアカラーを入れるということです。

 

【ダブルカラーのメリット】

何といっても発色が良いことです。ブリーチでは髪の色素を抜いていくので、黒髪から茶髪、金髪のように、次第に髪色が薄くなっていきます。薄くなった髪色にヘアカラーを入れるので、おのずとヘアカラー本来の色味が出やすくなります。逆にブリーチなしでヘアカラーを入れた場合、ヘアカラーの色味が出にくいということになります。

 

ダブルカラーだと、外国人みたいに透明感あふれる髪色を手に入れることができます。ブリーチなしでヘアカラーを入れるより、明るめに仕上がるのも嬉しい特徴です。またブリーチなしでは表現しにくい微妙な色合いのカラーや、ビビッドなカラーなども発色しやすくなります。

 

[ブリーチ最大のデメリット]

髪が傷みやすいこと。ブリーチでは色素を抜いてしまうので、どうしても髪や頭皮に負担がかかってしまいます。ブリーチを繰り返すと、髪がパサパサになってしまう場合も…。専用のシャンプーやトリートメントなどで、こまめにケアすることが大切です。

 

また、ダブルカラーの場合、色落ちしやすいのもデメリットです。ブリーチで髪の色素を抜いてしまうので、髪のなかはスカスカの状態になることも。スカスカの状態では、ヘアカラーが定着しづらいので、色落ちしやすくなってしまいます。同じ理由で、パーマなどがかかりにくいものデメリットの一つです。

 

…この様にブリーチを使用してカラーをすると、メリットデメリットそれぞれあります。

 

髪色、好きなテイスト、理想…を重視して、ブリーチを使用したカラーに挑戦してみるか!

 

ダメージなし、ケアしっかり…を重視して、ブリーチなしのワンカラーを楽しむか!

 

お客様のニーズに合わせて、カラー提案させて頂きます★

 

ちなみに、私個人的な意見としてはハイライト部分だけに少量のブリーチ剤を使用して少しメリハリを効かせた「キョッシュカラー」(ハイライトカラー)です!

ご気軽にご相談下さい。

 

富田里穂

insta→riho_tomita