腸内フローラでアンチエイジング

腸内フローラ

いま、「腸内フローラ」に関する研究が世界的にも注目されています。

腸内フローラという言葉は、腸内細菌が同じ種類ごとに集まってコロニー(集落)を形成し、共生する様子が、さながらお花畑(flora=フローラ)のようであることから名づけられました。

このお花畑のなかで、宿主である私たちの健康に深く関与しているのが乳酸菌の仲間です。なぜ乳酸菌なのか?腸の内部も表皮と同じ、身体の”外部”であることを理解してください。

口から続く消化管は、体の内部にあるように思われがちなのです。しかし口からの消化管まではちくわのような構造になっているため、その内側はまだ体の外なのです。

口からの消化管は、皮膚と同様、異物を排除するためにたくさんの免疫細胞(白血球)が待機し、PHは弱酸性に保たれています。

頭皮も含め、肌も弱酸性に保つことが大事だと言われています。それは腸も同様。乳酸菌は腸に運ばれてきた糖をエサにして増殖しますが、その際に乳酸を分泌します。この乳酸が腸内を弱酸性にし、有害な細菌の繁殖を防いでくれるのです。乳酸菌の仲間が善玉菌と呼ばれるのは、それゆえです。

 

理想の腸内フローラは食物繊維がいい

腸内フローラの健康が保たれると、腸の粘膜を構成する細胞にエネルギーが運ばれ、消化・吸収・排泄がスムーズに進みます。もちろん、全身の細胞にも栄養が行き渡るため、肌の若返り、見た目の美しさにもつながっています。

では、何を食べれば腸内の乳酸菌が増え、腸内フローラの改善、ひいてはアンチエイジングにつながるでしょうか?

これまで、ヨーグルトに含まれる生きた乳酸菌が腸に運ばれ、増殖すると考えられてきましたが、最近の研究では疑問視する声も挙がっています。それよりも大事なのは、「すでに腸内に棲んでいる乳酸菌を増やすことを意識する」という考え方です。

食物繊維は糖の一種ですが、消化されずに大腸に運ばれ、エサになります。まず野菜の摂取を増やしましょう。繊維質の多い根菜(イモ類、ニンジン、大根、ごぼうなど)を増やし、ごはんに押麦や雑穀を加えることで、菌たちが喜ぶ食事に代わってきます。

まとめ

理想の腸内フローラをつくるには、「食物繊維」がいい

 

アンチエイジングは髪にも頭皮にも関係することです!健康になることで若返りマイナス年齢にもなります!

生活環境を整えてキレイを続けていきましょう!

 

DIFINO赤坂 MATSU