紫外線を浴びた髪にいたわりを☆ノーダメージ!!ハイブリッドカラーでつやつやに♪

みなさん、ご存知ですか??

 

1年の中で1番紫外線が強いのは、

 

なんと!

 

5月なんです!!

 

一見、7月8月あたりかな?

 

と思いがちですが、

 

こちらの紫外線量グラフをご覧ください!

 

 

このように、

 

紫外線の量は5月、

 

紫外線の強さはなんと

 

梅雨でくもりが多い6月と、

 

夏前だからまだ大丈夫♪

 

と油断していては大変な事になってしまいます!

 

では、

 

紫外線を浴びると

 

一体どのような現象が起こるのかを

 

説明致します。

 

☆髪の一番外側には、

 

透明で硬い細胞が

 

うろこ状に重なってできた

 

「キューティクル」があり、

 

髪を保護するバリアとして機能しています。

 

しかし、紫外線を浴びると

 

キューティクルがはがれやすくなるため、

 

髪内部の水分が失われ、

 

枝毛、切れ毛、

 

髪のパサつきや絡まりが

 

起こりやすくなります。

 

髪の毛だけでなく頭皮にも!!!

 

紫外線が頭皮に当たると

 

白髪になる?!

 

 

☆髪の毛は、

 

頭皮の中に埋もれた

 

髪の深部にある「毛球」

 

という部分でつくられており、

 

ここにある「毛母細胞」が

 

細胞分裂を繰り返して、

 

細胞を押し上げることで、

 

髪が伸びていきます。

 

このため、

 

紫外線のダメージによって

 

毛母細胞の働きが低下すると、

 

抜け毛や薄毛につながることがあるのです。

 

また、

 

髪の毛の頭皮の中に埋もれた部分を

 

「毛根」といい、

 

ここには、髪に色をつける

 

「色素細胞」がありますが、

 

紫外線によって、

 

色素細胞がダメージを受けると、

 

白髪ができてしまうといわれています。

 

みなさん、

 

いざこうやって向き合ってみると

 

恐怖だらけですよね、、、m(_ _)m

 

なので、

 

日頃から、

 

紫外線予防として

 

日焼け止めスプレーの使用や

 

活性酸素を除去して

 

白髪になるのを防いでくれる

 

シャンプーやトリートメントで

 

しっかりとケアしていきましょう!^ ^

 

DIFINOディフィーノ赤坂では、

 

カラーリング剤でも、

 

キューティクルを傷付けずに

 

ノーダメージで染めれるカラー剤も

 

取り揃えております!

 

頻繁に染めるからこそ、

 

いたわってあげたいですね☆

 

ノーダメージカラーで

 

カラーリングすると、

 

ツヤサラで、

 

色持ちも良く気分も上がります♪^ ^

 

 

風が強くパサつきやすい時期ですが、

 

こんなにサラサラだったら

 

周りからも褒められる事間違いナシです!!

 

 

ぜひとも、

 

お越しくださいませ♪^ ^

 

 

 

 

心よりお待ちしております!

 

*DIFINOakasaka*

トップスタイリスト

ヘアメイク

槌田美希

 

Instagram→→→ tsucchi_miki ←←←