梅雨の湿気に負けない髪へ!★

こんにちは!

 

DIFINO akasakaスタイリストの富田です★

 

今週1週間は、梅雨の中休みみたいで。

天気がいい日が続いて嬉しいですね!

私は、冬生まれですが。夏が1年の中で1番好きな季節なのでテンション上がります!笑

 

しかし、この暑さ…。

 

すでに、真夏の様な暑さでバテ気味の方も多いかと思います…

 

体調を崩さないように気をつけないと!ですね。

 

 

さて、

 

 

こんな晴天の日か続く中で、このブログ内容もどうなのかな…?

 

と、思いましたが。

 

 

今回は、梅雨時期には特に知っておきたい!

「髪の毛の広がりやうねりについて。」

それプラス。そうならない為の対策方もお伝えしようかと思います★

 

 

【そもそも、なぜ髪の毛が広がったり、うねるのか?】

 

髪の毛の広がりやうねりは、髪の毛の内部の水分量に関係しています。髪の毛の中に水分が沢山あると、蒸発するときに一気に髪の毛から抜けて髪の毛の質を変えてしまいます。なので、髪の毛の水分量の大きな変化をできるだけ少なくするようにすることが、髪の毛を広がったりうねらせないことに繋がります。

 

 

【髪の毛は濡れた状態で放置しない様にしましょう!】

髪の毛を濡れたままの状態で放置しておくと、必要以上に空気中の水分を髪の毛が吸ってしまい、髪の毛が膨張してしまいます。髪の毛は膨張すると、乾燥した時に髪の毛の中の水分が一気に飛んでしまい、髪の毛の形が変形してしまいます。髪の毛の形状が変化すると、髪の毛の表面にあるキューティクルが剥がれたり開いたままの状態になり髪の毛のダメージに繋がります。

 

髪の毛を濡らした時には、できるだけ早く乾かして髪の毛をデリケートな状態でないようにしましょう。髪の毛は乾いているととても頑丈でダメージを受けにくくなります!

 

もちろん熱などの影響は受けてしまいますが、濡れているよりは乾いている方が傷む可能性が減ります。

 

タオルでしっかりと水分を取り除いた後、ドライヤーを使用して効率的に髪の毛を乾かすようにしましょう。

 

 

【髪を補修する効果のあるトリートメントを使用する。】

髪の毛を乾かす際には洗い流さないトリートメントを使用して、髪の毛を保護したり補修するとひろがりづらくうれりのない髪の毛にしていくことが出来ます。

髪の毛はダメージが原因でも広がってしまいます。

しっかりと保湿して潤いのある状態にしておくと、広がりやうねりも改善されていくので、入浴後は洗い流さないトリートメントを使用するようにし、スタイリングの前にはトリートメントなどを使用し髪の毛を乾燥しないように心がけましょう。

結果…

 

髪が広がる原因は傷みと乾燥です。そして水分バランスが一定ではなく、毛先に水分が少ない為に毛先が広がるります。傷んでいる髪は乾燥もしている為、湿気が多い時も乾燥している時も広がります。傷みを最小限に抑え、トリートメントをしっかりとしていくことが大切です。

プラス、出かける前には保湿成分が含まれたスタイリング剤をつけることで髪の毛が広がりにくくなるのでおススメです!

 

 

 

・美容室でのケアトリートメント。

・家でやるホームケアトリートメント&アウトバストリートメント。

・出かける前につける、保湿スタイリング剤。

 

まずは、出来ることから!

 

気にかけて、ケアしていきましょう。

 

 

お気軽にご相談ください。

 

 

富田里穂
insta→→→riho_tomita