もう少しで”海の日”!髪の毛も紫外線対策を★

こんにちは!

 

DIFINO akasakaスタイリストの富田です★

 

7月16日は”海の日”

皆様、ご予定はいかがでしょうか?

 

東関東は、今のところ天気は良さそうなのでアクティブに出かける方も多いかと思います!

 

例えば…

 

海に行ったり、山に行ったりレジャーをする方だったり。

 

自然に触れながら、自然を感じて。リフレッシュするのはいいですよね♡

 

 

しかし。

 

この季節、気をつけないといけないのは”紫外線”!

 

肌へ与える影響は、もちろん。

 

何気に気をつけないといけないのが、髪の毛や頭皮へ与える紫外線の影響です。

 

 

外で過ごす時間が多いと、いつの間にか髪の毛がパサパサ…。あれ?

 

こんな経験を感じたことはありませんか?

 

顔や腕などの肌へのUVケアはするけれど、髪の紫外線対策は忘れがちな方が多いかと思います。

 

実は、紫外線に一番あたるのが頭で、それは肌の”3倍”とも言われています!

 

 

意外と知られていませんが、実は紫外線は3月頃から降り注ぎ始めます。

 

そして、6月~7月にピークに達します。

7月~8月半ばの方が暑いので紫外線が強いと感じますが、本当に強い時期は6月~7月です。(日照時間が一番長い時期のため)まさに、今月は特に気をつけて頂きたい月なのです。

 

 

また、一日に降り注ぐ紫外線の約50%は、AM10:00~PM2:00の間に降り注ぐそうです。

 

なので、この時期とこの時間帯にUVケアをすることがとても大事になってきます!

 

【紫外線が髪へ与える影響】

大きく分ければ「枝毛、切れ毛」と「カラーの色落ち」に繋がります。

 

・枝毛

髪の毛は「たんぱく質」からできていて、内部に様々な結合を持っています。紫外線が当たると、その中の一部の結合が壊されてしまいます。すると、たんぱく質の強度が低下し、枝毛や切れ毛などのダメージとして現れます。

 

・カラーの色落ち

髪にはメラニン色素があり、メラニン色素は紫外線と対抗する力を持っています。

私達日本人の髪は黒く、紫外線に強いはずなのですが、カラーリングがメラニン色素を無色化するため、紫外線に弱くなっている人が多いと聞きます。

しかし、たとえカラーリングしてなくても、紫外線を浴びれば髪はダメージを受けます。

 

 

また、紫外線を浴びることで、肌や体と同じようにフリーラジカルが発生します。フリーラジカルとは活性酸素のことで、肌老化の原因のひとつです。

 

髪にとっても問題で、色素を壊す力を持っているため、髪が赤茶っぽくなったり、キレイに染め上がっても、この時期は色落ちが早くなります。

 

 

そこで、髪の毛の紫外線対策として。

 

DIFINOでは、

・サロンケア専用 しっかり紫外線予防トリートメント

美容メーカー”ミルボン”さんの、”Aujua”でお客様の毛質や悩みに合わせてトリートメントをセレクトし、それにプラスαで紫外線予防のトリートメント”デイライト “を髪の毛に重なることで、「紫外線によるダメージを抑え、ツヤのある髪を守る」効果があります。

 

 

・ホームケア用 アウトバストリートメント

“ミルボン”さんの”Aujua”商品。

「デイライトセラム」「デイライトエッセンス」

タオルドライ後に着けて頂くだけで「紫外線から髪を守り、ツヤとなめらかさのある髪へ」導いてくれます。

SPF25、PA+++

 

・ホームケア用 日焼け止めスプレー

“ミルボン”さんの”Aujua”商品。「デイライトシャワー」

美容メーカー”ナプラ”さんの商品。「MIEUFA」

をご用意しております。

 

 

 

髪への紫外線予防、ケアで夏も綺麗な髪の毛を保ちましょ★

 

 

 

お気軽にご相談下さい。

 

富田里穂
insta→→→riho_tomita