髪型顔型。意識するだけで変わる、似合う髪型アレンジ方法!

暖かくなって来ましたね!

最近、スタイルチェンジをされず方が凄く多いのも春が近いかさからですね!

ショート&ボブがオススメ!

『でも、髪を短くするとなんか顔が大きくみえたりするからなぁー…』
などと、思われる方も多いはずです。

実際は頭の形が大きい、顔が大きいと悩んでいる方はショートにせず、セミロングやロングで骨格や顔を隠そうとします。しかし、隠そうとすることで余計に目立っているケースが多いようです。

そこで、見せることで小顔効果を狙えるショート&ボブスタイルがオススメ。
顔が丸形や面長などタイプに分かれたり、髪質やライフスタイルによってもデザインはことなります。
カットの工夫で印象は大きく変わります。担当者と相談してスタイルを決めましょう。

今回は簡単に顔の形別に、大きくわけてデザインポイントをお伝え致します!

《逆三角形型》


・髪型で縦幅と横幅をプラスし、ハチの張りを目立せないようにします。

・重心を下げシルエットを整える。
・トップにボリュームを出し、ハチまわりはタイトに抑える。
・サイドにボリュームを出す。パーマやスタイリングで膨らみを作るとよい。
・前髪は幅を広くとる。

・アゴのラインが丸出しにならないようにする。

《エラ張り型》


・髪型で縦幅をプラスし、ハチやエラの張りを目立せないようにする。

・重心を上げシルエットを整える。
・トップにボリュームを出し、ハチまわりはタイトに抑え、視線を上にあげる。
・サイドの髪で、エラの張りを隠す。
・前髪は幅を狭くとり内側ラインをスッキリと見せる。

《面長型》


・髪型で横幅をプラスし、フェイスラインの長さを目立ずふくらみのあるシルエットに整える。
・トップのボリュームは抑える。
・サイド(頬の高さを基準)にボリュームを出す。パーマで膨らみを作るのもおすすめ。
・前髪は幅を広くとり顔の細さをカバー。

《丸顔》


・髪型で縦幅をプラスし、フェイスラインの丸みを目立たせずシャープなシルエットに整える。
・トップに高さを出す。
・頬をサイドの髪で隠し、顔の横幅をぼかす。
・前髪を斜めに分け隙間を作り、内側ラインをひし形にする。

 

顔の形にあったデザインポイントを意識して、スタイルチェンジすればまた新しいあなたの魅力がうまれるはずです(^^)

固定概念にとらわれず色んなヘアスタイルを楽しんでみむしょう!!