元カラーリストのカラーへのこだわり①カラー塗布!

DIFINOaoyamaの須藤です!

僕は、DIFINO入社前は他店でカラーリストとして働いていました!

その時に得た知識や技術は今も自分の最も得意な技術の1つとしています。

 

『ヘアカラーが得意!』とうたっている美容師さんは沢山いらしゃいます。インスタグラム、ブログをとおし素敵なヘアカラーの写真を載せています。

僕が見てもこのカラーはどうやったらできるのか分からないモノもあります。

 

ヘアカラーはもちろん染めた色が大事ですが、はたしてそれだけがヘアカラーなのか。。。?

僕のヘアカラーはお客様1人1人真面目に染め上げることが何より大切だと思っています。

そのこだわりを簡単ですが、今後ブログに書いていきます。

今回は須藤のまじめカラー塗布です!

thumbnail_IMG_2487

まず頭皮近くの新しく伸びてきた部分を染めたいきます。この時のポイントはハケの角度です!

頭皮を刺激しないように、塗布量にグラデーションがつくように工夫しています。

thumbnail_IMG_2490

耳後ろから、襟足塗りこぼしやすく染まりずらい部分でもあります。ここをキレイに塗布することによりアレンジした時にもきれいに見えます。

thumbnail_IMG_2488

もみあげはきれいに!1本たりとも毛を残さずに!

お顔にカラー剤などは決してつけません。

thumbnail_IMG_2489

顔周りを塗る時は、こめかみのように細い髪があります。

thumbnail_IMG_2491

細い毛は染まりやすいため後で塗ります。

thumbnail_IMG_2492

この方法でキレイに塗布量にグラデーションがつきます。

thumbnail_IMG_2495

毛先を塗る際は、しっかりと先程塗布した根元とのカラーとなじませて塗ります。

塗布量はカラー剤が乾かない量が絶対量です。

 

thumbnail_IMG_2496

1番ダメージしている毛先はダメージレスなカラー剤にチェンジします。

 

thumbnail_IMG_2493

これで完成です!!

そして、、、

thumbnail_IMG_2494

忘れてはいけないのがラッピングです!

ラッピングされない美容師さんは沢山いらっしゃいますが、僕のカラーリング100%ラッピングし時間をおきます。

僕の使用するカラー剤はダメージレスのものしか使わないのでこの方法をとります。

 

なかなかキレイにヘアカラーが染まらない方、ムラが気になる方、もっと髪、地肌をいたわりながらカラーしたい方など。是非1度真面目ヘアカラーで染めさせてください!きっとキレイなヘアカラーになります!

 

DIFINOaoyama 須藤健一