暑さから逃げたくなるが

こんにちはアシスタント竹ノ上です^_^

完全に夏がきてしまったみたいですね。

 

ただでさえ暑いのにドライヤーなんてやってらんない!!

という方も少なくないのではありませんでしょうか

 

ただそこでドライヤーから逃げてしまったら、キレイな髪の毛になることからも逃げることになります。

 

なぜ髪の毛を乾かさないといけないのか、

髪の毛は濡れるとキューティクルが開き水分によって膨張します。

そうこの状態はダメージしやすい状態にあります。

この状態でそのまま寝てしまったらどうでしょう。

 

寝相で髪の毛は絡まり、朝起きたら

やってしまった、、、という感情に襲われる

 

特に夏場は細菌も繁殖しやすいです。

濡れた髪の毛なんて細菌さんからしたらパラダイスなので、

髪の毛の中で細菌が繁殖してしまう、よって髪の毛がさらに乾かずらくなる

という最悪なケースに陥ることがあります。

 

髪の毛を乾かす際にできるだけ時間をかけたくない、そういう場合は乾かし方を工夫しましょう。

濡れてる状態だと地肌もドライヤーの熱を感じにくいので、まずは根元をドライヤーの熱と風を思う存分使って乾かします。

根元が1番量も多いので根元から乾かしましょう。

根元が乾いたら中間、毛先と乾かしていきます。

 

ドライヤーの時間も短縮されればすこしは楽になります。

 

夏どんなに暑くてしんどくてめんどくさくてもドライヤー

こいつは忘れないでください^_^