「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 」展を見に行ってきました♪

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で行なわれている

「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974―1975」展を見に行ってきました♪

美術家、グラフィックデザイナーとして知られる横尾忠則氏が、

1974~1975年にかけて、新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)

の時代小説『幻花』のために描いた挿絵原画全371点が公開されています。

少しご紹介♪

映画のアニメーションのように同じ場面を少しずつ変化させ連続性を持たせたり

唐突に物語に関係のないモチーフや、作家瀬戸内自身の肖像を登場させたり

原稿が出来上がる前に挿絵を描いてしまったものなど

面白いエピソードなど二階で作家瀬戸内との対談の映像

を見ながら独自のユニークな世界観を見ることができます!

一見全く関係のない挿絵に思えるんですがなぜかマッチングしていて

本当に不思議な世界観とセンス、挿絵といいう限られたスペースの中で

圧倒的な存在感を出す構図の素晴らしさがとても勉強になりました!!

おすすめですのでぜひ行ってみてください♪

詳しくはこちらをクリック👆

 

たまたま有楽町で自分にそっくりな物を見つけたので

載せてみます。w

石川県のひゃくまんさんとやまさんでした♪

 

DIFINO aoyama 山口祐亮