白髪染めいつからやるの??○○でしょ!!

白髪めをいつから行うのか。

これってわからないですよね。

でも、白髪は気になってくる。


1本見つけると2本、5本、10本と…

ガァーン

白髪増えてる〜

この白髪何とかして〜

1.白髪を抜く
2.白髪を切る
3.白髪を染める

正解は白髪を染める!

私も遂に白髪染めかぁー…

なんて思っている方。
ちょっとお待ちください!!

本当に白髪染めか必要か、このブログを読んでからにして下さい。
年齢などではない!白髪染めが必要か必要でないかは、あなたが染めたい色による!です。

ん?!
それでは、普通のカラーを染めるのと変わらないじゃない?
と思われるかもしれませんが、白髪染めを使わなくても白髪は消せます!!!
むしろ色味によっては、白髪染めを使わない方が消せます!!!!!

どういうことかまとめました。

【低明度】〜6レベル以下の明るさの場合


・白髪染め、おしゃれ染めどちらでも対応可能。
ナチュラルブラウン系であればおしゃれ染めでも白髪は染まります。

・髪が太い方、色が入りづらい方は白髪染めがオススメ。

・トップ、分け目に白髪が多い方も白髪染めがオススメ。

【中明度】〜7レベル以上10レベル以下


・白髪の割合が30%以上の場合(白髪が3万本)は白髪染めがオススメ

・白髪の割合が少なければおしゃれ染めがオススメ。

【高明度】〜11レベル以上


・白髪の割合が30%以上であれば白髪染めがオススメ

・白髪の割合が少なければおしゃれ染めで明るくするとよい

・場合よってはブリーチも使います

簡単に分けるとこんな感じです!

しかし、髪の長さによってもグラデーションの作り方によって染め方がことなったります。

白髪が気になりだしたら、まずはご相談ください!
白髪をカバーする。白髪をぼかす。白髪を活かす。
色々な染める技術があります。

白髪があるから隠すことに意識がいきすぎると、きっとヘアカラーがオシャレするものだったり、楽しみだったりすることがなくなってしまうのではないでしょうか?
白髪があっても、色んなヘアカラーは楽しめます!
キレイになることに諦めず、是非そのサポートになれば幸いです(^^)