#emily

皆さんこんにちは、土橋です。

今回は、#emily と言う事で、DIFINO 2018 the feeling summer の公開です。

 

DIFINOでは、オープン当初からサロンイメージを沖縄へ撮りに行っていましたが、10年前に初めて、DIFINOのイメージフォトをLAに撮影しに行きました。

 

事前に、LAで活躍している後輩のヘアメイクYukikoに相談して、カメラマンを紹介してもらい、そこからモデルを探し、オーディションをしました。この時のバジェットはギリギリでしたので、モデルもギャラの高い仕事へ流れてしまい、決定するのに時間がかかり最後に決まったのは撮影3日前でした。トホホ

 

何せ、LAで初撮影なのでとてもテンションが上がっていたのを思い出します。

 

モデルはやはり、好みが出ますね〜その時も2人のモデルを使っての撮影。

どう転んでも良いようにあえてタイプの違うモデルを使い、スタートです。

外国人の髪は、以前から扱っていたのですが、思いのほかカールがつかなく大変でした。

後はカリフォルニアの風を味方につけるしかないって感じです。

 

実はこの時、予算的にスタイリストもお願いすることができなく、僕がメルローズあたりのお店を知人から紹介してもらい、体当たりで交渉しスタイリングしたのです。笑 My name is Sebastian~~~

 

当時の僕は、LAと言えばまず思いついたのは、「きてきてきて来てサンタモニカ〜」で、ビーチ沿いをローラーブレードで走る女の子でした。よくこのコンセプトでこの写真が撮れたなぁ〜と逆に自分を褒めてあげたいです。

 

一人のモデルは、クール系で、ファッション誌にでも出てくるようなモデルでどう撮ってもオシャレでした。

で、もう一人のモデルはまだ15、16くらいだったと思いすが、すでに大人っぽくて、でもオシャレなファッションぽく撮影するには、大変だったのを覚えています。

モデルなりたての、常にニコニコスマイルで、卒業アルバムに出てくるような1つの表情でしたが、徐々にカメラマンが乗せていくと16には思えない、妖艶さとオシャレ感のある表情が出てきて、LAって凄い〜って感じでした。

 

初めてにしては結果的にとても良い仕上がりで満足したのを思い出します。

 

その後、何年かしてRobinThickeのBlurredLinesが大ヒットして今では普通バージョンしかYoutubeで見れなくなりましたが、PVの再生回数も半端ない事になってましたね。そのPVに出ていたモデル、ダンスが独特で可愛いいなぁ、好きだなぁと思って、メチャクチャ何度も見てましたね〜

 

去年からDIFINO赤坂店で金曜日、営業していた時(今は青山店のみの営業になります)に、お店の内装的に西海岸をイメージし、トイレを海っぽい感じのインテリアにしてました。壁にかわいい写真を飾る際、そう言えば10年前のLAの時の写真が一番海っぽくSUMMERVIBESだなと思い一緒に飾っていました。

 

最近、僕のインスタにも久々にその写真を乗せて見たところ、LA在住の友人から、「この子ってあの有名な#emily ですか?」

その時、僕はあのモデルの名前を忘れていて、「昔すぎて覚えてないよ〜」と軽く返信していました。

 

それからメチャメチャ気になって、過去のメールを検索にかけて見たところ〜〜〜

昔すぎて探し出すのが大変でしたが。

 

そうなんです、#emilyじゃないですか〜ビックリです。

 

凄い有名になっていてインスタのフォロワーも1,832万フォロワー

先日も書きましたが、Kerastase Nightへ行った時も、ブランドアンバサダーになっていました〜

あのザック主演の映画、「We are Your Friends」にも〜〜〜なんか嬉しいです。

 

それから、もう一度あの時の写真を見直しましたが、眠っている良い写真がまだまだ沢山あるじゃないですか。

これは、リメイクして#emilyの熱いうちに再度公開しないのはもったいないなぁ〜と今回の企画になったのです。

 

DIFINOのイメージは、トレンドをちょっとだけプラスして、でもいつの時代に見ても可愛いをコンセプトに作成しています。この気持ちはこのままずっと続けて、常にチャレンジし続けようと思います。

 

 

是非、DIFINOのホームページ内サロンイメージをご覧くださいませ。

 

髪型をかっこ良くして、この夏をEnjoyしましょう。

 

ご静聴ありがとうございました。

 

Ciao

 

土橋勇人

 

DIFINO aoyama

DIFINO akasaka